真言とは何か…

真実の言葉

 

真言とは、サンスクリット語のマントラを漢訳した言葉です。真実の言葉、聖なる句などの意味があります。

 

バラモン教やヒンドゥー教の聖典ヴェーダ〔1〕にその起源をみることができます。

 

古代インドでは、バラモンが神々に捧げる賛歌にある特別なマントラを用いていました。やがて、仏教や密教(秘密仏教)にも取り入れられるようになって中国や日本などに伝わりました。

 

特に、平安時代の初期に弘法大師によって唐(現在の中国)から直接「密教」(秘密仏教)が持ち帰られ、仏画や曼荼羅、仏具などと共にお経や陀羅尼、マントラ(梵字真言)もたくさん請来〔2〕されました。

 

※ 参照 : 新旧訳経、梵字真言や曼荼羅、密教法具などの一覧を「御請来目録」(ごしょうらいもくろく)として献上しております。

 

そして、「マントラ」こそがこの世の「真実」を知る秘密の鍵(神仏との唯一の交信手段)であり、衆生救済の最勝の「法」(ダルマ)であると確信し「真言宗」と名づけました。

 

注釈

 

ヴェーダ〔1〕とは、紀元前1000年頃から紀元前500年頃にかけてインドで編纂され宗教文書の総称です。

 

請来目録(しょうらいもくろく)〔2〕とは、僧侶らが当時の中国から持ち帰った経典や経疏(きょうしょ)、仏画や仏像や仏具などの品目を朝廷に献上した目録(一覧表)

 

 

 

※ 日々の習慣や、何気ない行動や行為が未来にさまざまな影響を及ぼすことに…

 

 如意輪観音真言

すべての願いを叶える真言…

 

 一願不動明開運護摩供

 

■ 9月「一願不動明王開運護摩供」

 

高野山大師教会光寿支部の9月「一願不動明王開運護摩供」のご案内です。

 

● 日程:9月20日(午前11時~)

 

● 高野山大師教会光寿支部 護摩堂

 

 「願い札」は、一本(一願)500円です。願い札に願主の願い事を代筆し、当日にお焚き上げします。

 

フォームの入力は、①お名前、②メールアドレス、③願い事が必要事項です。煩雑な手続きを省略しております。

 

※ 入金確認後、護摩の当日まで真言やマントラをお唱えし功徳を積みます。

 

なお、入金確認のご返信はいたしておりませんので、予めご了承くださいませ。

 

合掌 高野山大師教会光寿支部 事務局

 

 

 

 

※ 護摩の当日まで真言やマントラを毎日お唱えし功徳を積みます。

 

天宮光啓

 参考書籍一覧

坂田 光全(1997/12/1).真言宗常用経典講義 東方出版

松長有慶(2020/06/20).訳注 声字実相義 春秋社

松長有慶(1991/07/01).密教 岩波書店

松長有慶(1969/1/1).密教の歴史 平楽寺書店

中村本燃(2012/3/15).空海と高野山 青春出版社

星野 英紀(2001/11/10).四国遍路の宗教学的研究 その構造と近現代の展開 法蔵館

長田攻一, 坂田正顕, 関三雄(2003/2/25).現代の四国遍路 道の社会学の視点から 学文社

中村元, 福永光司, 田村芳朗, 今野達, 末木文美士(2002/10/30).仏教辞典  岩波書店

トップへ戻る