十三仏真言

未来へつながる

十三真言とは、亡者を浄土に導く十三の仏様(如来・菩薩・明王)のマントラ(मन्त्र Mantra)真実の言葉、秘密の言葉のことです。

 

不動明王、釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩、地蔵菩薩、弥勒菩薩、薬師如来、観世音菩薩、勢至菩薩、阿弥陀如来、阿閦如来、大日如来、虚空蔵菩薩です。

 

死後、私たちは生前のおこないによって審判を受けるとされています。

 

その時の裁判官的な役割を担うのが前述の各仏です。

 

それぞれ十三回の追善供養(初七日〜三十三回忌)の守護仏となります。

 

また、十三仏のうち八仏が十二支の守り本尊です。

 

換言すれば、私たちのすぐそばでいつも見守っています。

 

そして、少し大げさですが、真言は未来へつながる言葉

 

私たちは、現世一代限りの命では決してございません。

 

未来へ、来世へ必ずつながっていきます。

 

今できることを、毎日を大切に仏と共に生きる

 

真言は、未来へつながる確かな一歩ですね。

 

※ 『ホームページ、十三仏真言まとめページ

 

合掌 高野山大師教会光寿支部 事務局

 

 

天宮光啓ルンビニにて

十三仏

伝えよう、届けようそのメッセージを

不動明王様から虚空蔵菩薩様までの十三仏、願いが叶う仏様…を掲載しております。

 

また、人気の高い阿弥陀三尊真言と、愛染明王真言も。

 

四国遍路の巡礼のように、それぞれの真言をお唱えして仏様との仏縁を結んでいただければ幸いです。

第1.不動明王真言 第2.釈迦如来真言 第3.文殊菩薩真言

 

不動明王真言

 

ノウマクサンマンダ バザラ

 

ダン センダマカロシャダ 

 

ソワタヤ ウンタラタ カンマン

 

 

 

ノウマクサンマンダ

 

ボダナン バク

 

文殊菩薩真言

 

オン アラハシャノウ

第4.普賢真言 第5.地蔵菩薩真言 第6.弥勒菩薩真言

 

普賢菩薩真言

 

オン サンマヤ サトバン

 

地蔵菩薩真言

 

オン カカカビ 

 

サンマエイ ソワカ

 

 

弥勒菩薩真言

 

オン マイタレイヤ ソワカ

第7.薬師如来真言 第8.観世音真言 第9.勢至菩薩真言

 

薬師如来真言

 

オン コロコロ センダリ

 

マトウギ ソワカ

 

 

観世音菩薩真言

 

オン アロリキャ ソワカ

 

勢至菩薩真言

 

オン サンザンサク ソワカ

第10.阿弥陀如来真言 第11.アシュク如来真言 第12.大日真言

 

阿弥陀如来真言

 

オン アミリタ

 

テイセイ カラ ウン

 

 

あしゅく如来

 

オン アキシュビヤ ウン

 

大日如来真言

 

オン アビラウンケン

 

バザラ ダトバン

第13.虚空蔵真言 阿弥陀三尊真言 愛染明王真言

 

虚空蔵菩薩真言

 

ノウボウ アキャシャキャラバヤ

 

オンアリキャ マリボリ ソワカ

 

 

阿弥陀三尊真言

 

オン アミリタ

 

テイセイ カラ ウン

 

 

愛染明王真言

 

オン マカラギャバ

 

ゾロシュニシャ

 

バザラサトバ

 

ジャクウンバンコク

 

 

 

 

天宮光啓ルンビニにて

 もし不安を感じられたら…

もし不安な気持ちになった場合や、あるいは、何か心配事がある時など観音様の真言を。

 

 

動画は、仏尊を象徴する一音節の種子(しゅじ)をのせています。

 

真言をお唱えしながら、この種子をイメージすることでさらに仏様と深く瑜伽(ゆが)していただけるかと。

 

※ 瑜伽(ゆが)は、ヨガ(yoga)の語源とされる“結びつく”、あるいは“つなげる”などの意味を含んだ言葉です。

 

日々少しずつお唱えを続けることで、気持ちが前向きになったり、ポジティブになったり、新しい変化がいろいろと。

 

私たちも毎日こつこつとお唱えを続けております。

 

ぜひ皆さんもご一緒に。

 

合掌 高野山大師教会光寿支部 事務局

 

 

 

(ほっとひと息)

 

昔、西国の観音霊場で観世音菩薩真言(南無観世音菩薩の真言)の後に「念彼観音力」をある回数、真言のようにしてお唱えすると観音様の功徳や霊験をさらに授かると聞いたことがございます。

 

もちろん、人伝えの伝え聞きの話ですので、絶対とか、必ずではございませんが、試してみて何かよい変化があればそれはそれでとてもよいことだと思いましたのでご参考までに。

 

合掌

 

 

天宮光啓ルンビニにて

十三仏真言記事一覧

■ 不動明王 梵名(アシァラナータ)別名を大聖不動明王、不動威怒明王、無動尊、不動尊、お不動様とよばれ、密号は常住金剛、シヴァ神の異名がそのまま仏教に取り入れられたもので、大日如来の教令輪身〔1〕のうまくさんまんだ ばざら だん せんだまかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん (真言宗 仏前勤行次第より)(参考書籍・一部引用)『梵字手帖』徳山 暉純 (著) 出版社:木耳社; 新版 (2009/...

 参考書籍一覧

坂田 光全(1997/12/1).真言宗常用経典講義 東方出版

松長有慶(2020/06/20).訳注 声字実相義 春秋社

松長有慶(1991/07/01).密教 岩波書店

松長有慶(1969/1/1).密教の歴史 平楽寺書店

中村本燃(2012/3/15).空海と高野山 青春出版社

星野 英紀(2001/11/10).四国遍路の宗教学的研究 その構造と近現代の展開 法蔵館

長田攻一, 坂田正顕, 関三雄(2003/2/25).現代の四国遍路 道の社会学の視点から 学文社

中村元, 福永光司, 田村芳朗, 今野達, 末木文美士(2002/10/30).仏教辞典  岩波書店

トップへ戻る