十一面観音

別名、大光普照観音

 

十一面観音とは、観音菩薩の変化身(へんげしん)であり六道世界の衆生を救う6種類の菩薩(六観音)の一尊です。

 

種字はキャ、六道の「阿修羅道」にて苦しむ衆生を救い導き、利益を与えます。

 

梵名のエーカダシャムカは、「11の顔を持つもの」の意味がございます。

 

十一面観音真言をお唱えすると、病気にかからない、不慮の事故に遭わない、刃物などの凶器で危害を受けない、衣食住に困らないなどの現世利益が、

 

また、三悪趣(地獄・餓鬼・畜生)に生まれ変わらない、早死にしない、極楽浄土に生まれ変われるなどの功徳があるとされています。

 

------------------------------
(参考書籍・一部引用)

 

『梵字手帖』 徳山 暉純 (著) 出版社:木耳社; 新版 (2009/10/1)

 

『実修・書写 梵字宝典』 下泉全暁, 渡辺俊雄 編著 青山社(平成18)

 

坂田 光全(1997/12/1).真言宗常用経典講義 東方出版

 

松長有慶(2020/06/20).訳注 声字実相義 春秋社

 

中村本燃(2012/3/15).空海と高野山 青春出版社

 参考書籍一覧

坂田 光全(1997/12/1).真言宗常用経典講義 東方出版

松長有慶(2020/06/20).訳注 声字実相義 春秋社

松長有慶(1991/07/01).密教 岩波書店

松長有慶(1969/1/1).密教の歴史 平楽寺書店

中村本燃(2012/3/15).空海と高野山 青春出版社

星野 英紀(2001/11/10).四国遍路の宗教学的研究 その構造と近現代の展開 法蔵館

長田攻一, 坂田正顕, 関三雄(2003/2/25).現代の四国遍路 道の社会学の視点から 学文社

中村元, 福永光司, 田村芳朗, 今野達, 末木文美士(2002/10/30).仏教辞典  岩波書店

トップへ戻る